応援しよう!

同窓会は同じ学校を卒業したと言う共通項を持った人間の集まりですので、多様な年齢層の交流が図れる集団です。
その特色を生かして、何かできないものでしょうか?
◆例えばこれから社会を動かして行く若い人を応援していく活動など・・・

私たちニ水関東は金沢から遠く離れた東京(関東)に来て、孤軍奮闘している、若い同窓生に対して、先に来てそれなりにこの地で生きてきた先輩として、出来ることを考えました。まずは手探りでこんなかたちで始めています。

(1)ミュージカル女優 穴田有里さん(52期)を応援しよう!
平成22年にはまずは同窓生のブログとHPのページでもご紹介しました、合唱部出身で演劇やミュージカルで活躍する52期の穴田有里さんのステージを、同窓の友人を誘って見に行くことをご提案し、何人もの方が実際に参加されました。(「観覧記」はこちらへ
その後、平成22年の関東支部の総会・懇親会に参加された穴田さんには飛び入りで2曲歌っていただきました。
その後も立て続けにミュージカルに出演されその都度同窓生が見に行くことが実現しました。

(2)フルート奏者 木埜下大祐さん(48期)を応援しよう!
「ニ水関東メールマガジン28号」で、板本勝百さん(20期)の演奏会のご案内をいたしました。そこから繋がったのが木埜下さんでした。東京(関東)の枠組みを超えて、北京での演奏会を成功させるなどグローバルに活躍されています。その模様をご本にからのメールでご紹介するところから、始めたいと存じます。
今後いかなる展開になりますやら・・・
(20111018)「告知板」に近況を寄せられました。ADOK(アジア同時代音楽協会)を立ち上げ、2011年度の3回の公演を金沢で開催されるそうです。
あいさつ文と公演予定等が載っています。


(3)応援する流れが出来て来ました!
2011年には、上記の木埜下さんに加えて、横町あゆみさん(41期)喜多形寛丈(52期)さん等、金沢ニ水高校卒の若手音楽家の活動がニ水関東のHPで次々と紹介することが出来、ニ水関東のメンバーの有志がそれぞれのコンサートやイベントに参加しました。

(4)「岡本るい」の名前で活動を続けられている小澤匡子さん(17期)を応援しよう!
2011年から一人芝居「白い道」を連続して演じていらっしゃる小澤さんの活動をご紹介して、有志がその舞台に観劇に出掛けています。

※若い方々ばかりでなく年代を超えて、信ずる道を歩き続ける同窓生を紹介し、活動への参加と支援を呼びかけています。

(5)モデルとして活躍中の秦まり子さん(58期)を応援しよう!
金沢市東京事務所の村本広之さん(26期)から、北国新聞「遠きにありて」の欄で取り上げられた秦まり子さん(58期)の記事が送られて来ました。いろんな媒体に露出されているようで、成長株のようですね。ガンバレ!(広報室)


期せずして同窓生の音楽、芸能分野での活躍が見えて来るかたちとなりました。私たち金沢ニ水高校の特徴が浮上したとも云えるのかも知れません。
今後ともあまり枠組みに捉われないかたちで同窓生の活動を応援することを目指します。これはと云う同窓生をご紹介下さい。具体的で同窓会メンバーが参加し易い活動が適すると考えています。
◆しかし同窓生だったら何でも闇雲に是とするものではありません。感ずるままに「良い・悪い」をハッキリ告げることも重要だと思います。同じ高校に通ったと云う共有項ある先輩後輩の間で、文字通り「叱咤激励」することが出来たらと考えております。
【以上ご報告とご提案:広報室I】







   ニ水関東広報室にご意見をお寄せください。


トップページに戻る

禁無断転載 ©Copyright 2010-2012 NISUI KANTO All rights reserved